メイン画像

仕事の転職の理由でも世代によって異なります

仕事の転職の理由でも世代によって異なります。20代は他にそそられる仕事があり、残業が多かったり休日がないなどやりがいや待遇の改善を希望する転職が目立つようです。それが30代になってくると専門的な知識を習得したりたくさんの経験をしてみたい、というキャリアアップをの転職が多くなりますよね。40代になってくると破産やリストラ、会社の将来が不安だという堅実な雇用を望んだ転職が多くなります。そうして病気を理由にした転職が増加するのも40代みたいです。

学校を卒業後はみんな当たり前のように働く人が多いですよね。働く意義とは一体どのようなことでしょう。自分で努力して頑張って働いてもらうお金は何もせず手に入るお金と比較して、その値打ちはあきらかに違うように思います。きつい体験をして手に入れたお金は訳もなく使うこともできないですし、何か買う際も本当にいるものかよく考えますよね。仕事をすることで自分が進化し、ライフをより良いものに変えることを願って人というものは働くものだと思いますね。

職務経歴書は、履歴書には書ききれない経歴の内容や実績を事細かく記入するための書類ですよね。採用する側にとっては値打ちがある情報の出どころですし、求職者側にとっては自分をアピールする重要な機会です。よって、自分の職歴をなるべく事細かくかつ的確に記入しておく必要があります。会社が求める人とは、すぐに使えるか、専門的な知識や才能があるのか、企業の活性化に寄与できるかですから、保持している才能や実力をしっかりと売り込み、どのくらい企業に役立つかを示すようにするといいです。